キューバの交通機関-キューバ旅のあれこれ
キューバ写真
キューバの交通機関


<長距離バス>ビアスールViazulとアストロASTROの長距離バスが国内各地を結んでいる。発着は各バス会社前のターミナル。大型バスで快適だ。バラデロなどの人気路線は事前予約が安心。ホテルやツアーデスクで申し込もう。


<飛行機>ハバナと各都市間はクバーナ航空の国内線とアエロカリビアンAerocaribbeanで結ばれている。チケットは日本では購入できないため現地の旅行会社に手配してもらうことになる。空港から町は離れている場合が多く、空港〜市内の足も頭に入れておくこと。

<列車>アバーナ・ビエハ地区に1912年に建てられたコロニアルな駅舎と、近年建てられたラ・コウブレLa Coubleと呼ばれる新ターミナルがあり、旅行者は後者を利用する。ハバナからサンティアゴ・デ・クーバまで所要22時間、Cuc70。サンタ・クララまで所要6時間、Cuc15。バラデロへはマタンサスまで列車(所要4時間、Cuc10)で行き、バス乗り換え。トリニダーへはサンクティ・スピリトゥスまで列車(所要7時間、Cuc13.50)で行き、バス乗り換えとなる。切符は切符売り場の窓口に並んで購入する。キューバ人以外はドル払い。決まった時刻表もなく、よほど時間に余裕のある人以外は利用しづらい。

キューバ写真




Copyright(C) 2009〜
キューバ旅行を
楽しもう!HOME

キューバの交通機関-キューバ旅のあれこれ