トリニダーでの日々(1)-旅日記 en Trinidad
キューバ写真
トリニダーでの日々(1)


 私がキューバを嫌いにならなかったのは、ここ、トリニダーで出会った人たちのおかげ。

 サンティアゴ・デ・クーバでのにぎやか、かつあわただしい年越しを終え、夜行バスでトリニダーへ向かった。やっと着いた!と思ったら、また宿交渉。高い高い。

 なんせ、この時期、ツーリストが多い。みんな普通に25とか30CUCとか言って、でも、私は15以下じゃないと泊まりません!そんなことを言い続ける私のもとからは、客引きが一人、また一人といなくなり、「あの子、15以下だって」「そんなのないよね〜、ハハハ」なんて、言い合う客引きたち。。もぅ。仕方ないので、ハバナ行きのチケットを取ったり、一服したりしながら、「どうしたもんかな〜」と思っていると、「仕方ない、15でいいよ」というおばちゃん登場。

 連れていってもらった宿は多分闇(政府非公認のカサ)。でも、そのおばちゃんのお母さんとお父さんは、なんだか、とってもかわいくて、あったかくて、まぁ、別になんていうことない部屋だけど、すっかり気に入りました。

キューバ写真




Copyright(C) 2009〜
キューバ旅行を
楽しもう!HOME

トリニダーでの日々(1)-旅日記 en Trinidad