主なみどころ-トリニダー
キューバ写真
主なみどころ


■サンティシマ広場
 トリニダーの中心となる広場。正面にカテドラル、周囲を17〜18世紀に建てられた立派な大邸宅に囲まれている。建物の多くは現在は博物館になっていて、カテドラルの隣からと万ティ子博物館、市立博物館、考古学博物館、少し置くに革命博物館、カテドラルの正面はアートギャラリー、そして建築博物館といった具合だ。ほかに家そのものが博物館になっているものもある。広場はトロピカルな雰囲気で、それらの建物を見ながらゆっくりするには催行。

■ロマンティコ博物館
 かつての栄光の日々を垣間見ることができる博物館。1808年に建てられたニコラス・プルネット・ムニョス氏の屋敷をそのまま博物館にしたもので、見事な家具調度品は一見の価値がある。キッチンからトイレにいたるまで開放しているため、当時の生活ぶりを知ることができて興味深い。2階のテラスは広場と赤い瓦屋根の街並みが望めるビューポイント。

キューバ写真




Copyright(C) 2009〜
キューバ旅行を
楽しもう!HOME

主なみどころ-トリニダー