エリアガイド&宿情報-サンティアゴ・デ・クーバ
キューバ写真
エリアガイド&宿情報


 キューバ第2の都市だけに広く、とらえどころのない町だが、旧市街を中心におもな見どころが集まっている。

 旧市街の真ん中には1515年に街づくりが始まったときからの広場、セスペデス広場があり、広場に面して町の創設者ベラスケスの家が建つ。

 この広場の周囲2ブロック内に見どころやレストランがあるほか、古い街そのものが見どころのひとつ。のんびりと歩いてみたい。そのほかの見どころはタクシーかバス利用となる。

 ビアスールのバスターミナルは旧市街から約3〜4qのところにある。歩いても20〜30分程度、またバスもあるので1クバーナペソで市街近くまで利用することも可能。

 私がいった時期は年末真っ只中。旧市街はどの宿も25CUC以上。15CUC以下で探していた私は、バスターミナルの近くに宿を取りました。15CUCで朝食つき。近くからビーチへいける乗り合いバン(カミオン)が出ていたりして、とっても便利でした。

キューバ写真




Copyright(C) 2009〜
キューバ旅行を
楽しもう!HOME

エリアガイド&宿情報-サンティアゴ・デ・クーバ