ハバナ エリアガイド-ハバナ(1)
キューバ写真
ハバナ エリアガイド


 ハバナの町のみどころは多い。特にスネスコの世界遺産にも指定されているラ・アバーナ・ビユハ地区こと旧市街は、19世紀後半の黄金時代に財力をつぎ込んで建てられた見事な建造物が多く残され、町中が見どころだともいえるほど。

 コロニアルな街並みのなかを'50〜60年代のクラシックカーが走る様子を眺めていると、いったい自分がどこ時代にいきているのかわからなくなるような錯覚を覚える。

 また、ヘミングウェイゆかりの地でもあり、今でも彼の小説に出てくる海と人と酒のシーンをかいま見ることができる。くったくのない明るさをもったキューバ人たちにまぎれてハバナを歩いてゆくと、キューバの素顔が少しずつ見えてくる。

 町はハバナ湾に面した旧市街と、そこから東へと広がる新市街とに分けられる。

 旧市街と新市街を結ぶ海岸線のマレコン通りからは、海と町、要塞の眺めがすばらしい。

 旧市街と運河を隔てて建つモロ要塞やカバーニャ要塞も、歴史的な見どころのひとつ。町はスペインのイベリア様式にのっとって、碁盤の目状に道が敷かれているため歩きやすい。

キューバ写真




Copyright(C) 2009〜
キューバ旅行を
楽しもう!HOME

ハバナ エリアガイド-ハバナ(1)